【男性妊活 1】開始のタイミングと始め方・不妊治療開始・検査と結果

ライフプラン

私が当初思い描いたライフプランです。

30~31歳 結婚 結婚生活を楽しむ
31~32歳 妊娠 妊活開始から3~6ヶ月で妊娠
32歳 出産 特に何もなく出産
33歳 引っ越し 3人で生活できる広さに引っ越し
34歳 妊娠② 1人目が2歳くらいの頃に妊娠
35歳 出産② 3歳差で2人目

皆さん考えると思います。
私もなんとなく、こんな感じだったらいいな~程度に思い描いていました。

妊活開始まで

結婚生活

結婚して、すぐに妊活!という程焦ってはいませんでした。
子供は欲しかったですが、子作りを始めればすぐに出来る気がしていました。
これには周りの影響が強いと思います。

周りからは、すぐに出来たという話ばかり聞きました。
というより、不妊を想像していなかったので、いい話しか耳に入っていなかったのかもしれません。

3年近く同棲していたので、結婚により生活が大きく変わる部分はありませんでした。
結婚後に新婚旅行へ行き、風疹の注射を打ち結婚から半年くらいが過ぎていました。

親のアドバイスと引っ越し

いきなりライフプランから外れてしまいます。
新婚旅行も終え、そろそろ子作りでもと思った頃に、親からアドバイスがありました。

玄関を開けると、いきなり階段があり、3Fまで上がるという家に住んでいたのですが、
それを聞いた母親から「妊娠すると、その造りの家は大変だよ」と言われました。

すぐに出来ると思っていた私はすぐに引っ越しを決意。
更新が迫っていたので、3ヵ月ほどで引っ越しました。
今思えば失敗したな。。。と
これは大分私が悪いですが、慌てて引っ越ししたので後悔し続けています。。。

妊活関係ないですが、引っ越しは慌てずにやりましょう。
更新料は払ってでも、ゆっくり家を探してしっかり交渉した方がいいです。
大家さんによっては、事情を話せば更新を伸ばしてくれたりもあると聞きました。
今思えば、更新料半額で、家賃も下げてくれるとまで言ってくれた大家さんに感謝です。
引っ越した先の大家さんは、そんなに優しく無かったです。。。

まぁ。やっちゃったものは仕方ないです。繰り返さない様に努めるしかありません。
引っ越し先の良かった点もたくさんあります。

こんな感じで突然の引っ越し

子作り開始

妊活と言える程しっかりとした妊活はしていませんが、なんとなく子作りを始めました。
特にルールはありません。この時期に妊娠出来るのが理想的だと思います。

なんとなく気を使う!これのみです。
お酒はなんとなく控えようくらいしかなかったと思います。

こんな事を半年ほどしていました。
このあたりから、本格的に悩み始めます。
一体なぜなのか?原因があるのか?男性不妊ってなに?

仲良しの回数を増やす・諦める

周りにも相談しましたが、
「うちはすぐに出来たよ!」「そのうち出来るよ!」「回数が少ないんじゃないの!?」
と。。。
誰に聞いても、ほとんど同じ答え。。。
やはり不妊を経験してない人の意見はこうなります。
回数は決して多くはないので、改善点だとは思います。
私は比較的まじめなので、『仲良しの回数を増やす』も試してはいます。

タイミング周辺で、一週間連続なども試しました。
後に調べた結果、毎日連続は非効率のようです。
2~3日に1回が良いようです。毎日出すと精子も溜まらないようです。

不妊で悩んだが生まれたという人は大概
「諦めはじめて、2人で楽しもうかと話していた頃にできたよ!」と言います。
諦められるほど頑張った結果という解釈でいいのかな??

いよいよ妊活開始です。

不妊治療開始

まずは産婦人科に電話

まずは不妊治療をやっている病院に電話です。
妻より私の方が意識が高かったので、先に電話してしまいました。
何軒か電話しましたが、大体の病院は女性のみでした。
最終的に近所の口コミの良かった産婦人科に電話したのですが、やはり男性不妊のみは出来ないとの事でした。
まずは奥さんの方から電話を下さい。と言われました。
そこで、妻に産婦人科への電話をお願いし、不妊治療を始めました。

産婦人科

それにしても、この『不妊治療』という言葉が嫌いです。
『妊娠サポート』とかに変えてほしいです。
全部、妻からの話ですが、治療なんて一個も受けた報告がないです!!
聞いたのは、検査と結果報告だけ。
治療なんてたいそうな言葉使って、やってることは検査と結果報告だけ。
待合室でも異常に待たされるそうです。
待合室は妊娠ハッピー組と不妊どん底組のカオス状態です。
妻は毎回暗い奥の方で待っているようでした。
妊娠してからは一緒に行くのですが、慣れてしまったのか、やはり暗い奥の方で待ちます。

男性不妊治療開始

私の検査を早くやってほしいのですが、順序があるらしく妻の検査が先でした。
妻には申し訳ないです。でも、他に方法が分かりませんでした。
妻は2~4週に1回のペースで検査や結果報告を聞きにに行っていました。
タイミング療法(具体的には見るだけ)やいろんな検査をやっていました。
Web漫画で、産婦人科に通うメンタル的な辛さを描いた物がかなり近いそうです。

そしてついに私の検査です。
精液検査だとばかり思っていましたが、正式名称が『ザーメン検査』というそうです。

ザーメンて。。。驚きです。

検査方法は

  1. 産婦人科からカップをもらってくる。
  2. 検査日当日の朝一に採取。
  3. 妻に産婦人科へ提出してもらう。

※病院によっては、病院で採取する事もあるようです。

そして、私の結果がこちら!

項目 結果 基準範囲
1.5ml >2.0ml
濃度 30,000,000/ml >20,000,000/ml
運動率 50% >50%

採取した時の体調にもよるそうなのですが、自然妊娠には問題の無い数値と言われました。

が、

その後、いつまでたってもできません。。。
数か月ですが、とても長く感じてしまいます。
毎月、毎月、期待しては裏切られます。。。
この間に、妻にも子宮内にポリープが見つかり、取り除く手術をしています。

それからさらに数か月後、検査である事が発覚します。
なんと、私の精子が妻の中でほとんど死んでしまっているとの事でした!!

これは検査日前夜に『仲良し』を行い、
産婦人科で妻の中(手前、中間、奥)から採取して顕微鏡で確認する。
という検査です。名前は忘れました。

ネットで調べた所、これにはいろいろな可能性があるらしく原因を特定する事が難しいようです。
よく見るのは相性のようです。
膣内は酸性で、精子は酸性に弱いそうです。個人差で酸性が強かったり、精子が酸に弱かったりするようです。
病院から(妻から)の結果報告はこうです。

『通常、元気なのが10~15匹ほどいるはずが、e-chichiさんのはめちゃくちゃ探して瀕死状態のが1匹です』

ショックでした。
気持ちを切り替えるのに1日中落ち込みました。

1匹て。。。憶いるんじゃないの?。。。と

不妊治療開始 を読む
男性不妊と精子の関係 を読む
サプリメント「マカ」の効果 を読む
サプリメント「コエンザイムQ10」の効果 を読む
お金をかけない妊活 を読む
妊活の結果 を読む


ここまで読んで頂きありがとうございました。
引き続き記事は更新していきます。

よろしくお願いします。

e-父

Follow me!