【男性妊活 2】男性不妊と精子の関係は?・私の妊活時系列

問題点と解決策

前回の記事で書いた通り、私の精子が子宮内で生き残れない事が問題です。

私の場合、精子の量と濃度は低めですが、自然妊娠に問題の無い範囲という診断でした。
しかし、通常、子宮内で10~15匹ほどが生き残るはずが、瀕死の状態の『戦士』が1匹でした。

と言う事は、『最強の1匹の戦士』を作り上げれば問題解決!!という考えに至りました。

私は量より質を上げる事に決めました。(実際に効果が出ているかは不明です。)

精子の色が気になる

上記の問題点とは別に、私にはずっと気になる点が1つありました。
私が男性不妊の検査を受けたかった一番の要因なのですが、それは精子の色です。
ここまで、医者に精液を提出した際に、何も言われてはいないので問題ないのかもしれませんが、
どうしても精液の色が気になっていました。

元々あまり意識して見ていなかったのですが、中々妊娠しない中で私の精子が少し黄色い気がしていました。
昔こんなに黄色かったかな。。。と違和感を感じていました。
インターネットで調べると、黄色くなる原因はいくつかありました。

まず調べると、前立腺の炎症(性病等が原因)の疑いや濃精液症の疑いが出てきます。
これらの場合は病院での治療が必要になります。
私の場合、検査でこの2つは言われていないので、除外して考えます。

考えられる候補は下記にまとめた2タイプのようです。

最終的に、色を見比べたわけではないのですが、終盤は色が白っぽくなった気がします。
気持ちの問題かもしれませんが、色々やった結果かもしれません。
この点も踏まえて続きを読んでもらえればと思います。

生まれつきの体質

精子の特徴も人それぞれのようです。

・白くて濃い精子
・透明で水っぽい精子
・黄色っぽくて粘り気のある精子

この場合は生まれつきなので、何も心配はいらないそうです。

精子が古い

精子が古いと黄色くなるようです。

余談ですが、

妊活を始めると、なるべく『仲良し』の日に向けて禁欲をする事があります。
私も何度か試してしまいましたが、良くないそうです。

理想は2~3日に1回は出した方が良いようです。
精子は2~3日で満タンに作られ、それ以降、古い精子は分解され体に吸収されるか、おしっこと一緒に出てしまうそうです。また、精子の生産力は前半に比べて落ちてしまうので、禁欲期間が延びる程古い精子が増えてしまうそうです。実際に、人工授精による研究結果では、禁欲期間1日…妊娠率19%、3日…14%、4~10日…10%、10~14日…3%、14~日…0%という結果が出ているそうです。

男性妊活時系列

少しあいまいな記憶ですが、時系列でいくとこんな感じです。
e-chichi視点です。少し間違えている部分や記憶があいまいな部分はあると思います。
私が意味があったと思う事をまとめました。

2015年
3月 結婚式
6月 新婚旅行
7月 風疹注射
8月 引っ越し
10月 本格的に妊活開始

2016年
1月 体温計購入(ちゃんと使わず)
3月 しっかり基礎体温の計測開始(毎朝6時30分)
5月 嫁の誕生日にパワーストーン購入(妻へローズクオーツ・自分へラピスラズリ)
6月 産婦人科へ
7月 ザーメン検査
8月 嫁子宮内膜ポリープ手術
11月 マカ&クラチャイダム開始
12月 PS4 ファイナルファンタジー15にはまる(息抜きになったのか!?)

2017年
1月 子宮内に生き残った精子が1匹という事実を知る
サイレントナイト(コエンザイムQ10)開始
3月 PS4 ホライゾン・ドーン・ゼロにはまる(息抜きになったのか!?)
4月 お風呂の入浴時間を減らす(20分程度→3分程度)
5月 運動開始(週1でフットサル)
妊娠&流産
7月 妊活再開
8月 妊娠

2018年
3月 出産

不妊治療開始 を読む
サプリメント「マカ」の効果 を読む
サプリメント「コエンザイムQ10」の効果 を読む
お金をかけない妊活 を読む
妊活の結果 を読む


ここまで読んで頂きありがとうございました。
引き続き記事は更新していきます。

よろしくお願いします。

e-父

Follow me!