【e-父】AFCアジアカップ2019 1月13日 日本VSオマーン

AFCアジアカップ2019第2戦の相手はオマーンです。

オマーン

オマーンはアラビア半島の東端に位置し、アラビア海(インド洋)とオマーン湾に面する。

サッカーではワールドカップ予選での対戦が何度もある。

試合の予想

私は3-1で日本が勝つと予想します。

過去の対戦を考えると、ホームでは3-0や4-0での勝利が多いが、アウェーでは苦戦をする印象です。1-0でギリギリ勝ったって感じが強いです。今回もほぼアウェーなので苦戦が予想されます。

オマーンは守って、守って、カウンターのサッカーかと思いきや、監督がオランダ出身のビム・ファーベクに代わり、戦術もショートカウンター狙いのようです。吉田と誰かでどこまで守れるかが重要になります。個人的には冨安が良いと思う。ボランチは遠藤、柴崎で。前回のようにボールロストが多いとまずいです。

またトルクメニスタン戦後半のようなサイドを活かした攻撃に期待したいです。南野にはトルクメニスタン戦でのリベンジも兼ねて出場してもらいたい。ショートカウンター狙いでディフェンスラインが高いのであれば裏への飛び出しが狙えると思います。

試合の結果

結果 1-0

過去の結果と同じような得点差でした。チャンスはたくさんあったが活かせず。また、ハンド疑惑の残るディフェンス。運も味方して勝ちましたが、引き分けでもおかしくない内容でした。

前半は南野の動き出しからいくつもチャンスを作るも、相手の好プレーやシュート精度に欠け得点できず。しかし、アグレッシブに攻めた結果、ペナルティエリア内で相手のファウルを誘い原口がPKを獲得。これを原口がしっかりと決めました。前半終了間際、疑惑のハンドディフェンス。試合終了後、長友自身が腕に当たっていたことを認めています。

後半になると日本はなかなか攻めあぐねてしまいます。後半のファーストシュートか34分。北川から武藤、堂安から伊藤と選手交代がありましたが、武藤はかみ合わず。伊藤は出場時間的にお試し程度か。

運を味方につけて、グループリーグ突破は決まりました。ウズベキスタン戦は新戦力を試す機会になると予想します。北川や武藤のプレイスタイルを活かした戦術、もしくはFW登録選手を起用しない戦術で戦ってもらいたいです。いつまで運が続くか分からないので、そろそろ圧勝を見たいです。

頑張れ日本!!

e-父



Follow me!