【e-父】AFCアジアカップ2019 1月21日 日本VSサウジアラビア

AFCアジアカップ2019決勝トーナメント一回戦の相手はサウジアラビアです。

サウジアラビア

アラビア半島の大部分を占め、紅海、ペルシア湾に面する。中東地域においては面積が最大級である。
北はクウェート、イラク、ヨルダン、南はイエメン、オマーン、アラブ首長国連邦、カタールと国境を接する。

サッカーでは昔は強かった。という印象。最近はあまり強い相手と言う印象が薄い。と思ったら、直近の試合(W杯予選)で負けてました。

試合の予想

私は2-1で勝つと予想します。

前回のウズベキスタン戦で控え組も戦力として考えられる事が分かりました。コンディションによってスタメンを変える事もできそうです。特に伊藤は相手が疲れた時間帯には大きな武器になります。また乾もボールが収まるので使い所があると思います。

ここからは負けたら終了のトーナメントなので頑張ってもらいたいです。

試合の結果

1-0

とても苦しい試合でした。サウジアラビアのボール保持率が異常。試合後のコメントで「戦略的にボールを持たせていた」と言っているが、せれなら戦略的なカウンターも見せて欲しかった。上手くやれば、2〜3人でも崩せたのではないだろうか?

前線のプレスに連動性がない。武藤がプレスをかけるものの、原口、南野、堂安は引き気味。武藤のプレスが早すぎるのか。3人がサボってるのか。あと武藤のプレスが鋭すぎる。プレスと言うよりは取りにいってる気がする。結果、イエローカードまでもらう結果に。武藤にはもう少し落ち着いて欲しい。オフェンスでも時間をかけてから苦し紛れシュート。ボールをキープもできず、パス精度も悪い。期待しているだけに残念でした。

南野は不調なのか。中島がいないとダメなのか。もう少し飛び出しを見せて欲しい。この試合、肩でハンドしかしてないんじゃないだろうか。

守備は時々ヒヤッとするものの安定していた印象。長友の言うとおり戦略的に持たせていたのかもしれない。ロングキックやパントキックが前線に繋がらなかったことは大迫がいないと解決しそうにない。別な攻め手がいると思う。

次はベトナム戦。改めて伊藤や北川、乾を確認するべき。あとは新しい組み合わせも見てみたい。どうせ前線にボールが収まらないなら、0トップで原口(乾)、南野(北川)、堂安(伊藤)を並べてもいいんじゃないだろうか。

次戦をどのように戦うのか楽しみです。

e-父


Follow me!