【e-父】AFCアジアカップ2019 2月1日 日本VSカタール

AFCアジアカップ2019決勝の相手はカタールです。

カタール

中東・西アジアの国家。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾(アラビア湾)に面する。南はサウジアラビアと国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合う。

今大会の8得点のアルモエルズ・アリを中心に16得点と圧倒的な攻撃力です。そしてイラン同様、無失点でここまできています。

4年後のワールドカップに向けて近年チームが強化されています。帰化選手が多いことで有名です。現在はFIFAより注意を受け、控え気味。ですが、6割帰化選手です。

試合の予想

2-0で勝つと思います。

カタールのオフェンス力は脅威です。アリの武器はスピードと日本が苦手とするタイプなので、吉田、冨安のディフェンスが試されます。

そろそろ南野の得点が見たい。イラン戦では献身的に大活躍でした。日本は体力のある選手が多いので、後半の得点に期待しています。

2大会ぶりの日本の優勝が見たいです。頑張れ日本!!

試合の結果

結果は1-3で日本の負けでした。

ようやく最後に南野が得点しました。しかし、その瞬間はトイレに行ってたので、見逃してしまいました。サッカー観戦中にアイスを食べるのは控えようと思います。

相手の先制2得点にやられてしまいました。1点目のオーバーヘッドは相手も驚くラッキーゴールです。コースが凄かった。テレビで見る限り、「権田の反応遅すぎだろ!」と思ってしまいましたが、ディフェンダーで見えなかったのかもしれません。2点目はミドル。そこまで崩されたわけでもなく、単純にコースがあいていたのだろう。シュートを打ってくるという予測自体していなかった印象。前半の日本のディフェンスは集中が足りていなかった。

2失点後、南野の位置を少し下げて対応したが、そんな問題では無いと思う。集中するのに2失点も必要だったのだろう。ここが敗因。

後半は怒涛の攻めを見せました。特徴的だったのが、コーナーキック13本、シュートも13本、内、枠内シュートは2本。効果的な攻めがほとんど出来ず。

何度もあったコーナーキックのチャンスを生かせず。ほぼ全てファーな高いボール。そしてほとんど相手に制される。松木は解説で「日本得意のコーナーキック」とうるさいが、全然得点につながる気配なし。ショートコーナーやニアに速いボールなど、パターンを作れば崩せた気がする。全部ファーだと対応が楽になる。終盤はもはや怖さが無かった。乾が入ってショートコーナーの動きを見せるも、柴崎のファーへのボール。コーナーキックのパターンは課題。

見ていて、退屈な試合でした。相手の守備が良く、大迫にボールがなかなか収まらず。これ以外に攻撃パターンを持たない日本はグズグズでした。後半、相手の疲労もありボールが回るようになるも、大迫の対応はしっかりしていた。今大会無失点のカタールの守備は強かった。細かいパス回しは力を発揮できず、堂安のドリブルも突破できず。ミドルシュートはなし。もっと強引なシュートを打てる選手が出てきてほしい。

今大会は結果は準優勝ですが、反省点・課題の多く残る大会になりました。ポジションにより選手層の薄さが際立ったことは1番の課題だと思います。次の代表戦でどのような選考になるのか楽しみです。

e-父

Follow me!